Text Size :  A A A
|  TOP  |  about  |  紅茶の時間  |  gallery  |  ご注文  |  お取扱い店  |  diary  |  mail  |
Img_6ee237486e4c6b0536372e56c50f41a6
3月21日、池袋の要町あさやけ子ども食堂さんで、
「ふだん着のけんぽうのおはなし」というタイトルでお話の出前をします!
「しるしる憲法」さん主催の1DAYイベント、午後の部。

-----

いっしょに読もう!日本国憲法(第2部)
ふだん着のけんぽうのおはなし〜あなたはほかの誰ともとりかえがきかない
3月21日(月)
14:00-17:00
@要町あさやけ子ども食堂さん (Click!) 

しるしる憲法さんによるイベントのご案内はこちら (Click!) 
要お申込・こくちーずからお願いいたします (Click!) 
★もしもお申込方法がわからなければ、私まで直接ご連絡くださいね。

-----


私は憲法の専門家でもないし、なんの資格をもっているわけでもなくって、
憲法とのつながりと言えば、
ただ母と一緒に『わたしとあなたの・けんぽうBOOK』 (Click!) をつくったぐらい。
そんな普通な私が、なんでお話の出前に!?という、そもそものきっかけ、
「私がけんぽうと出逢った瞬間」のことを、今回はお話ししたいなと思います。


私は「私」を主語にしてしか語れないけど、個人的なことって、
実は普遍的なことにつながってる。
なんでもない人のプライベートな憲法との出逢いの話が、
へ〜憲法ってこういうものなんだ、って知る、ささやかな入口になれたらいいな。


だから、これはお勉強会でも講座でもなく、「ふだん着のけんぽうのおはなし」。
最近“けんぽう”ってよく聞くけど、私とは関係ないし…難しそうだし…という方、
そもそも、皆なんでそんな憲法、けんぽう、言ってるの!?という方に
聞いていただけたらとっても嬉しいです。


なんとゲストスピーカーに、雨宮処凛さん!
これ、まったくの偶然なんですけど、
実は私がけんぽうと出逢うまでのストーリーには、処凛さんはなくてはならない存在なんです。
そのことを人前でお話しするのは、今回が初めて。
こんな機会でもなければ、きっと一生人前では話すことなかっただろうな。


21日の日は、私にとってまるで天からふってきたご褒美のような1日になりそう!
もしもお時間が許せば、ぜひぜひ、ふだん着のけんぽうのおはなし、
聞きにいらしてくださいませ。


ちなみに、午前の部は、北海道で小学校の先生をしている村越さんをお呼びして、
ユニークな憲法のワークショップ。
めっちゃおもしろそうです〜。


前日の20日は、マガジン9さん主催で、
村越先生のワークショップ・拡大版@高田馬場。
この日は、ドイツから市民活動を研究しているパウルクニープさんも
ゲストスピーカーにやってきて超豪華ですよ!


カフェで、学校で、やってみよう!
「12歳からの憲法ワークショップ」実践編
 (Click!) 


ところで、しるしる憲法さんて、お名前がすてきだよね。
憲法変える?変えない?の前に、実は知らないよってこの方がずっと多いと思うから、
しるしる、がいいな、って。



画像は、絵本作家の降矢ななさんが、
しるしる憲法さんへのご賛同のきもちをこめてお描きになったオオカミくん。
めちゃめちゃかわいい!
ピンク、ミント、ホワイト3種のポストカードやシール、缶バッヂ限定販売中。
当日もご購入いただけますよ。