Text Size :  A A A
|  TOP  |  about  |  紅茶の時間  |  gallery  |  ご注文  |  お取扱い店  |  diary  |  mail  |
『ほめ言葉のシャワー』が、この度はじめて九州でもご購入いいただけるようになりました。
お取り扱いくださるのは、熊本県の長崎書店さんと、長崎次郎書店さんです。


長崎書店さんは、熊本の上通に120年以上前に創業された老舗の本屋さん。
熊本にあるのに長崎書店さん? と不思議に思っていたら、
長崎次郎さんという方が始められたお店なのだそうです。


スタッフの方からご注文のご連絡をいただき、
インターネットで長崎書店さんのことを検索していたところ、
「日本一幸せな書店員のいる本屋さん」と紹介されているのを見つけました。
スタッフの方はどなたも一流の接客で、
口をそろえて「長崎書店で働きたかった!」とおっしゃるのだとか。
わわわ、どんな本屋さんなのだろうとアンテナがそわそわ!


電子書籍が広まる中で、町の本屋さんは、
おそらく私の想像もつかないほど苦しい状況にさらされてきたのだろうと思います。
そのような中で、後を継がれた長崎社長がユニークな取り組みをされ、
店内にギャラリーを併設されたり、雑貨コーナーがあったり、
美術書や、立地を活かして児童書も充実していたり……。
長崎書店さんのHP (Click!) を拝見していると、
スタッフさんの愛がそこかしこに溢れていて、幸せなきもちになります。


中でも面白いな〜!と思ったのは、
La! Bunko(ラ・ブンコ)という名前の文庫フェア (Click!) 
熊本出身の作家さん100人が、それぞれおすすめの文庫を1冊レコメンドする、
という独自の催しなのだそうで、
熊本という地に寄り添い、熊本の皆さんと歩むその姿勢が、びんびん伝わってきます。


そしてそして何より、

「古くからある町、また近くに大きな産婦人科があるという立地柄、
地域の方々、また、産婦人科に通う妊婦さんや出産されたお母さんたちへ向けて、
『ほめ言葉のシャワー』は、とても心安らぐ本となることと考えております」

初めていただいたメールに書かれていたスタッフさんのその言葉に、
長崎書店さんの誇りと信念を感じて、私は思わず胸が熱くなったのでした。
そして、そのような素敵な本屋さんでこのちいさな冊子を取り扱っていただけることが、
なんと光栄なことだろう、とも。


お話によると、お店でお取り扱いになる雑貨を探しに上京されていた際、
木のおもちゃチッタさん (Click!) と月光荘画材店さん (Click!) で、
続けざまに『ほめ言葉のシャワー』を見つけてくださったのだそうです。
そのお話をうかがって、ぞわ〜っと嬉しい鳥肌がたちました!


長崎書店さんのHPの中でも、
おすすめ本として『ほめ言葉のシャワー』をご紹介 (Click!) くださっています。
(う……うれしいっ!涙)


1年間の休業を経てこの8月には、新たに長崎次郎書店さんがリニューアルオープンされました。
もともとは長崎書店さんの前身で、今年で創業140周年を迎えられる、熊本県でも有名な老舗の書店さん。
かつては森鴎外も訪れ、その建物は「国登録有形文化財」にも指定されているのだそうです。
長崎次郎書店さんのHP (Click!) では、
リニューアルオープンまでの物語が、美しいモノクロ写真で綴られていますので、ぜひぜひ。
(新たなロゴデザインや内装もしびれるっ!)


これまでなかなか機会がなく、九州には一度も足を運んだことがありませんでしたが、
このすてきな書店さんを訪ねに熊本に旅したいな、と新しい夢が芽生えています。
(生きているといろんな夢が生まれるね、幸せだなぁ)
それまでは、我が家のくまもんと熊本気分を満喫する予定です。


長崎書店さん (Click!) 

熊本県熊本市中央区上通町6-23
096-353-0555
無休
10:00-21:00


長崎次郎書店さん (Click!) 

〒860-0004 熊本県熊本市中央区新町4丁目1−19
096-326-4410
元旦・藤崎宮秋季例大祭当日定休
11:00-20:30
Img_91d253ca6e292e007786cee7407e40a7
遅ればせながら、明けましておめでとうございます!
昨年は東京への引越しに伴い、少しバタバタとした年になってしまいました。
私生活でも大きな変化、相棒さんとの暮らしが始まり。


なにごとも時間のかかる性格ゆえ、
一歩一歩確かめながら、あたらしい生活で新しいペースの模索はまだまだ続いていますが、
もしかしたらこれって、人生まるごとそういうものなのかも!?
常に更新される新しい私と、これまでもこれからも、生きているのだな、なんて感じ始めています。


そしてここ数年は、デザイン・編集担当として作品に携わることが多かったのですが、
2014年は、原点回帰で自分の作品もつくっていきたいな、と。
そんな mai works を、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて、昨年生まれたCDを、gallery にアップしました。
こちらでもご説明を少し。


〜作者・水野スウより〜

2013年11月、憲法13条のうたのCD、「ほかの誰とも」ができました。
見開きジャケットの右ポケットには、歌のCDが。左ポケットには、歌の生まれてきた物語や、憲法13条をはじめ、9条や96条、12条、97条など、大切に思う憲法のことを綴ったちいさな読みものがはいっています。

もともとのきっかけは5年前、私たち母娘が「ほめ言葉のシャワーから平和へ」というタイトルでお話の出前を頼まれたことからでした。
その二つをつなぐキーワードを探そうと憲法を読んでみた娘が、13条にとてもすてきなことが書いてある!と発見して、13条をやわらかな日本語に訳したのです。

「わたしは ほかの誰ともとりかえがきかない
 わたしは 幸せを追い求めていい
 わたしは わたしを大切と思っていい
 あなたも あなたを大切と思っていい
 その大切さは 行ったり来たり
 でないと 平和は成り立たない」
      (憲法13条やさしい日本語訳)

この訳をふくらませて、私が歌詞とメロディをつくり、2年前から歌うようになりました。ピアノとギターの伴奏は、ともだちが協力してくれています。

勇気をだしてCDにまでしたのは、このところ国が、憲法の中味もかたちもどんどん変えようとしていることに、強い危機感をもったからです。
憲法は権力を縛るもので、主語は私たちなのに、私たちを逆に押さえ込もうとする、秘密保護法などの国の危険な動きに、このまま黙っていられなくなったからです。
憲法食わず嫌いの人にも関心をもってほしくて、これまで70年近く戦争をしないできたこの国の未来を想いながら、
岸内閣時代に憲法調査委員会の一人で、9条を変えることに反対した父の心も織りこみながら、できるだけやさしい言葉で文章を綴りました。
編集とデザインは娘のmai worksが担当しています。

13条のうた「ほかの誰とも」のCDは、一枚が300円(+送料80円)、10枚まとまると2500円(+送料450円)でお届けしています。
もしもこの歌を聴いてくださって、読みものに目をとおしてくださって、あなたのお知りあいやおともだちにご紹介いただけたら、とってもうれしいです。
CDに関するお問い合わせやお申し込みは、水野スウ、または mai works WEBSHOPまで。
Img_c16f928f54212e9c598089e3106de5bc
みなさま、ご無沙汰しております。
mai worksのmaiです。
おかげさまでmai worksは無事に東京での暮らしをはじめています。
(とは言っても、新生活におわれ、お仕事はだいぶのんびりペース)

12年暮らした西宮にはたくさんの思い出がつまっていて、
一人暮らしのマンションを離れる時も、
阪神電車が出発する時も、涙涙の嵐でした。

東京に越した当初は、こころとからだの温度調整にシクハックしていましたが、
最近ようやく自分の暮らしのペースがつかめてきた気がします。
ほっ!

いやでもね、慣れ親しんだ場所から一歩踏み出そうと決意できたことが、もう、
この数年間、嘆きつつも自分と向き合い、今私にできることを、と
まいまいつむりのペースで、ちいさな一歩を積み重ねてきた証なのだよね、きっと。

そのスタンスはこれから先も変わることなく、
私が私として生きていくための支えとして、あり続けるのだと思います。
だからね、心配しなくていいよ、わたし!
(と自分で自分に言ってあげてます)

というわけで、とっても遅くなりましたが、
mai works in 東京編スタートのご報告でした。
東京でも、細々とできることを続けてゆく所存でありますので、
どうぞ皆さま、これからも mai worksをよろしくお願いいたします!


写真は我が家に住んでる凛々しいかまきりさん。
ほそーいからだにいのちがつまってる。
シャキーン!
Img_f4671dc8e162e3337c9ca491688fe61c7d281246

12月18日、新刊『紅茶なきもち』をならべて、
銀座の月光荘画材店さん (Click!) 
「紅茶の時間」が出前にやってきます。


月光荘さんとは、水野が高校生の時からのお付き合い。
『ほめ言葉のシャワー』を置いていただいたり、
2011年には「つながる3人展」を開催させてもらったり、
いつも夢のような場所と時間を提供していただいていますが、
今回は、新刊発売記念の出前紅茶&お話会。


というのも、新刊には紅茶の原点として月光荘さんが登場してるのです。
どんな原点?かは、当日のお話&新刊をお楽しみに。


会場は月光荘画材店さんから歩いて2分、
銀座で唯一の銭湯、金春湯(コンパル湯)のある金春ビル4階の、
月光荘こんぱる中室にて。


週に一度の紅茶の時間のように、
12時から19時まで、誰でもどうぞ、なオープンハウスですが、
今回は特別版、2回のお話会の時間だけ、
参加費500円とご予約をお願いします。


お部屋は6坪の広さなので、定員は20名とちょっと。
お手間ですが、
ご希望の方はお申し込みと、参加される時間帯を水野までお知らせくださいね。
tel → 076-288-6092
mail → sue-miz@nifty.com

新刊デザイン担当として、
mai worksもちょこっとお話させていただく予定です。
これまでの作品たちも、ちいさなギャラリーに。
当日お逢いできるのを楽しみにしています。

------------------------------------------------------

いちごいちえ紅茶 in 銀座月光荘

2012年12月18日 12:00-19:00 OPEN(参加費:ありません)

銀座月光荘画材店さん こんぱる中室にて
地図はこちら → (Click!) 

お話会(参加費:500円)

第1部 13:30-14:30
第2部 16:00-17:00

月光荘画材店さんへのお問い合わせは
tel → 03-3572-5605
HP → (Click!) 
------------------------------------------------------
Img_f0cc802803e7b1ff15993eacf43bca269a5fccb2


紅茶の時間の新しい本が、12月半ばに生まれます。
ただいま、印刷屋さんの輪転機で廻っている真っ最中です。


〜〜著者・水野スウよりみなさまへ〜〜


これまでに書いてきた「紅茶の時間」の本は、
『まわれ、かざぐるま』と『出逢いのタペストリイ』と『きもちは、言葉をさがしている』の3冊。
29年経った紅茶の、それに続く本のタイトルは、『紅茶なきもち』。
そう、「紅茶の時間」のブログ(リンク)とおんなじ名前です。
そしてサブタイトルは、「コミュニケーションを巡る物語」としました。


仲間と一緒に子育てしたい、からはじまった紅茶の時間。
その場を続けていくうちに、クッキングハウス(リンク)と出逢い、
コミュニケーションを練習するためのあらたな場、「ともの時間」が生まれ、
そこから気づいたいろんなきもちやたくさんの学びが、巡り巡って、
私自身の暮らしに、毎週の紅茶に、
そして一番みぢかな家族との関係性に、
とてもゆるやかに還っていっているような気がしています。


ほかに、紅茶の原点となった私の居場所の話、
目には見えないギフト、
奇跡みたいな日常、
私のこころの旅の話、など。


私自身のきもちの循環や、
いつか誰かの役にたちそうなコミュニケーションのヒントが、
読んでくださる方にどうか伝わりますように、
と願いながら一年がかりで、文章を綴ってきました。


編集とデザインは、『ほめ言葉のシャワー』と同じく、
娘の mai works が担当しています。
本づくりの間中ずっと、お互いに「こうしたらいいかな」「これはどうだろう」と、
行ったり来たりのコミュニケーションをくりかえしながら。
それぞれのできることをもちよった、共働作業になりました。


『紅茶なきもち―コミュニケーションを巡る物語』
著:水野スウ
編集・装丁:mai works
発行元:mai works
2012年12月発行
四六版(127mm×188mm)
200ページ
¥1,200(税込)


『紅茶なきもち』発売記念のポストカードも、あわせて登場します。
こちらは印刷、断裁がmai worksお手製のカジュアル版。
カラー4種類各1枚/1セット(¥200)です。

--------------------------------------------------------------
『紅茶なきもち』のご予約受付、こちら (Click!) より承っております
お申し込み先着10名様まで、
1冊分のメール便送料を無料でお届けさせていただきます。
(1冊以上ご注文の場合は、合計送料から¥160円引きとさせていただきます)
--------------------------------------------------------------
こちらの商品は予約商品のため、発送までにお時間をいただきます。
12月中旬の発売以降、ご予約いただいた順に発送させていただきます。
--------------------------------------------------------------

・・もくじ・・

はじめに

1章 紅茶の時間のこと

「話す」は「放す」
はやらない紅茶で
他者と出逢う
次に渡す

2章 コミュニケーションの学校

大汗の話
聴く、ということ
聴かれる、ということ
聴くことがくれたもの
一枚のチラシから
クッキングハウスのSST
練習のできる場所
ともの時間

3章 ともの時間

針の穴から
自分自身で、ともに
ともの時間の約束
きもちボール
ひとことまわし
気分しらべ
いいとこみつけ
しあわせまわし
聴く練習
聴かない練習
思ったことは
「たい」に向かって
Howを超えて
ともの時間ブック
少し、広がる

4章 目には見えないギフト

私にはできない
できない、というあたわり
あきらめる、ということ
あきらかにする
父からの「のち、悟らん」
贈りものの言葉
七、五センチの人生劇場
ありがとうのリレー

5章 私のこころの旅

こころの冬眠
受け入れられている
あんしん貯金
提案スイッチ
ちくちく
巡ると恵む
着地点
presentの意味

6章 奇跡みたいな日常

ちきゅうキルトのお母さん
つながる三人展
一緒に生きてる
Wonderがいっぱい
花びら一枚

おわりに