Text Size :  A A A
|  TOP  |  about  |  紅茶の時間  |  gallery  |  ご注文  |  お取扱い店  |  diary  |  mail  |

●家族に贈る年賀状 2011 mai works版

商品化されたものとは別に、こちらはmai works オリジナル。

毎年、せっせとクリスマス前に年賀状書きしている方も、もしかしたら直接顔合わせて新年の挨拶をできる家族には、出さないことも多いかもしれません。 

元旦の朝、届いた年賀状の束の中に、今となりにいるその人からの年賀状を発見するって、どんな気分だろう。


・つながってる これまでも これからも
・元気でいてくれたら もうそれだけで

販売元:mai works
使用用紙:アラベール
1枚¥70
Img_fa03fc88a51e6282c9c4ceb8303aeef9
↑クリックすると大きくなります

●紅茶ポストカード

かつて紅茶の時間には、翔という名の1匹の犬がいました(男の子みたいな名前だけど、女の子です)。

0歳から紅茶で育ち、みんなにかわいがってもらいながら15年を過ごし、まるで初めから決めていたかのように、水曜日——週に一度の紅茶の日——に旅立ちました。

そんな彼女の初七日、母からの「翔が紅茶と一緒に生きてたことをのこしておきたいんだけど、手伝ってくれない?」という電話。写真を切り抜きながら、紙を並べながら、言葉を選びながら……その都度、翔との暮らしを懐かしみ、愛しみ。これが、私たちなりの彼女の見送り方だったのだろうな、と思います。

翔との日々を辿ることは、紅茶の日々を辿ること。結果的に、翔だけでなく紅茶の日常もいっぱいのポストカードになりました。

初めて、紅茶とmai works がコラボレートできたこと。それもまた、彼女が遺していってくれた置き土産だったのかもしれません。


・ただ、そこにいるだけなんだけど
・あなたの耳をかりて 私の声を聴きました
・ちぢこまってたココロを ひろげてもらったカンジ
・規則正しく 上下するおなか
・悲しい時 来れる場所があるって いい


発行:紅茶の時間
デザイン:mai works
2007年
カラー5枚セット¥300(税込)


Img_3f3992c670089365533ad45a665ac432
↑クリックすると大きくなります